エンタメ

しょうがっこうがだいすき・両親の職業や自費出版のきっかけは?

しょうがっこうがだいすき,小学校,大好き,秋元,うい,自費出版,絵本,ビリギャル
Sponsord Link

岐阜県の小学校に通う3年生の女の子、秋元ういちゃんが自費出版した『しょうがっこうがだいすき』という小冊子が話題になっています。

4月12日にはワイドショーの「スッキリ」「モーニングショー」でも紹介されたため注文が殺到し、緊急増刷中とか。

さらに学研プラスから2019年4月23日に絵本として発売の『しょうがっこうがだいすき』について、調べてみました。

5月4日TBS『王様のブランチ』にもビデオ出演!!!

絵本の売上、メディア、世間の反応については↓

あわせて読みたい
秋元うい,しょうがっこうがだいすき,世界一受けたい授業,最年少先生,自費出版
秋元ういさん【しょうがっこうがだいすき】で最年少先生に!世界一受けたい授業小学生の秋元ういさんが自費出版した『しょうがっこうがだいすき』が2019年4月に学研から発売されて、早数ヶ月。 さまざまなメディア...

『しょうがっこうがだいすき』著者は秋元ういちゃん

自費出版された小冊子『しょうがっこうがだいすき』の著者である秋元ういちゃんは岐阜市加納小学校に通う小学3年生。(小冊子の自費出版時は小学2年生)

これから入学する幼稚園生や保育園に通う後輩にむけて、入学して小学校が大好きになって学校生活を楽しむノウハウをアドバイスをしたい、ということで本にまとめました。

昨年10月には岐阜新聞、3月には中日新聞で紹介されていて、すでに有名人ですね。

↑あれ、お父様、ツイート削除されちゃったようですね。。。(2019.5.4現在)

↓お母様のツイート

 

そして、4/12に「スッキリ」「モーニングショー」で紹介、16日にはローカルですが、ういちゃん自身が生放送に出演しました。

 

ういちゃん自身も小学校が大好きそうですね。

秋元ういちゃんのご両親の職業は?

ご両親がすでにお名前が世間に知れている方のようです。

ういちゃんのお父さんはビジネスプロデューサー秋元祥治さん

79年・岐阜市生まれ。岐阜高・早稲田大を経て01年より岐阜でNPO法人G-netを創業。13年より岡崎ビジネスサポートセンターセンター長。テーマは中小企業の振興と、挑戦する若者の育成、そして地域活性化。
≪http://akimotoshoji.blog.jp/≫

特にビジネスについてのプロデュースをされてるようで、ブログ説明には

ニッポンで最もチャレンジにやさしい街・岐阜をつくりたい!「思いを言葉にし、言葉を行動に変えていく」起業家的なヒトを増やしたい。人材育成・地場産業/中小企業支援・社会起業・まちづくり・地域活性化・大学教育や人材育成についてを語るblogです。
≪http://akimotoshoji.blog.jp/≫

とあります。

ビジネスイベントなどで講演を依頼されたり、テレビのビジネス番組でコメンテーターもされています。

ういちゃんのお母さんも…

Twitterのプロフィールを見ると、お名前は高嶋舞さんと旧姓を名乗ってらっしゃるんですかね?お父さんと同じ職場の副センター長のようです。

ちいさな企業の応援団/仕事も育児も大事/岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz副センター長。中小企業、社会起業、女性事業者、起業など売上アップ支援。女性活躍。内閣府「女性のチャレンジ支援賞」、総務省「地域づくり大賞」受賞。各種講演。3児の母。
≪https://twitter.com/m_takashima≫

愛知県立大学の非常勤講師もされてます。

バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
≪http://takashima.blog.jp/≫

 

Sponsord Link

小冊子『しょうがっこうがだいすき』きっかけと内容は

『しょうがっこうがだいすき』自費出版のきっかけ

この小冊子を自費出版するきっかけは、ういちゃんのお父さんである秋元祥治さんが2018年3月に出した『20代に伝えたい50のこと』の出版。

その時にういちゃん自身が

ういちゃん
ういちゃん
自分も本を出したい、そして、それでテレビや新聞に出たい

と思ったんだと、お父さんのブログに書かれています。

『しょうがっこうがだいすき』内容は

そしてお父さんの本と同じように、『小学生になるまでにやっておきたい50のこと』から50は多い、ということになり

■小学生になるまでに、やるといいこと6コ
■小学生になったら、やるといいこと10コ

の16コに納まったようです。

具体的には…
さけばないように れんしゅうしよう。
せんせいには「きんちょうしていること」をつたえてみよう。
など、大人や先生には気づけない、少し前に経験したういちゃんだから伝えられるし、わかってあげられることを丁寧に綴った内容です。

対談の相手はビリギャル著者

さらに、ビリギャル本でお馴染みの『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者坪田信貴さんとういちゃんの特別対談~自信が可能性を広げる~も入っています。

やるといいこと16コは構想・制作に半年!本人が大半タブレット、ひらがなで打ち込んだようで、幼稚園、保育園のお子さんがひとりでも読みやすい内容になっていて、後半の坪田先生との特別対談は、お父さん、お母さんや大人も楽しめる内容になってます。

yucafe
yucafe
そもそも自費出版でビリギャル著者に対談を申し出れる親ってスゴい人ってハナシよね…あ、本音が( ̄ー ̄)

自費出版『しょうがっこうがだいすき』売れ行きは…

自費出版ということで、最初は50部限定で販売しあっという間に完売、すぐに200部増刷…と、2018年9月30日のお父さんのブログに書いてあります。
さらに半年で4刷4300部(2019.4.12追記)となったそうです。

現在はどうなっているのかというと…

436人がカートに入れています (2019.4.18現在)

と表示されています。

さらにそれだけの人が待ってるってことでしょうか?
ご両親ファイトっ!!!(もちろん両親が刷ったり発送したりはしてないと思うけど。)

小冊子『しょうがっこうがだいすき』(自費出版)販売サイト

絵本『しょうがっこうがだいすき』について

自費出版でここまできたら、そりゃ出版社が黙ってないですよね(笑)

ということで、2019年4月23日に学研から絵本『しょうがっこうがだいすき』が出版され全国発売になります。

イラストは絵本作家のえがしらみちこさん。



↑中身も数ページ見れます。
ビリギャルの坪田先生との対談は小冊子として絵本とは別でついてるようですね。

 

絵本の売上、メディア、世間の反応については↓

あわせて読みたい
秋元うい,しょうがっこうがだいすき,世界一受けたい授業,最年少先生,自費出版
秋元ういさん【しょうがっこうがだいすき】で最年少先生に!世界一受けたい授業小学生の秋元ういさんが自費出版した『しょうがっこうがだいすき』が2019年4月に学研から発売されて、早数ヶ月。 さまざまなメディア...

 

学研のサイトでも紹介されています。

小学校2年生の女の子が書いた話題の本が、待望の絵本化! | 学研プラス公式ブログ小学校2年生の女の子が書いた話題の本が、待望の絵本化! | 学研プラス公式ブログ 

 

秋元ういちゃん『王様のブランチ』出演!

5月4日(土)TBS『王様のブランチ』にもビデオ出演!!!
本を書いて『テレビに出たい』という夢についても自分の口で語ってました。

しょうがっこうがだいすき・両親の職業や自費出版のきっかけは?、おわりに

途中…

yucafe
yucafe
すでに親がスゴイ…

と、羨望ともやっかみともつかないホンネを口走ったyucafeですが( ̄▽ ̄)
お父さんのこのブログの文章に、同じ親として反省というか、質の違いを感じさせられました(T_T)

秋元祥治さんブログより
秋元祥治さんブログより
こうやって、こどもの「したい!」を一緒にアシストできるのは嬉しいし、そして誰もが可能な時代だって、ことがすごいよね。

特設サイトもペライチで無料だし、ヤフーショッピングも無料でだれもが出店できる。
印刷だって、ネットプリント使えばコストを抑えることだってできる。そして、ツイッターやフェイスブックなどSNSで発信をすれば、知ってもらって買ってもらうことにだってつながる。

8才でも、だれでも、地域にいてもできるってことはホント面白いなあとおもいました。

さて、わが子が「本を出したい」と言い出したら、どうする?

『ナニをバカなことを…』とあしらってしまわないだろうか?
頭ごなしに『ムリ』と決めつけてしまわないだろうか?
『書くことあるの?』と考えも聞かずに否定してしまわないだろうか?

秋元ういちゃんの両親のように、心よくアシストしてあげることができるのか?

yucafe
yucafe
ペライチも使ってるし、ネットプリントも使ったことがある、SNSもやっている…自費出版できないことはない…

あーーーーー

わが子の前に自分の本の自費出版を考えてみるか…( ̄ー ̄)ニヤ

お父さん・秋元祥治さんブログ

お母さん・高嶋舞さんブログ

絵本の売上、メディア、世間の反応については↓

あわせて読みたい
秋元うい,しょうがっこうがだいすき,世界一受けたい授業,最年少先生,自費出版
秋元ういさん【しょうがっこうがだいすき】で最年少先生に!世界一受けたい授業小学生の秋元ういさんが自費出版した『しょうがっこうがだいすき』が2019年4月に学研から発売されて、早数ヶ月。 さまざまなメディア...
関連記事